韓国造船業の受注残高、17年ぶりに日本に逆転か・・・

2016年12月07日

 12月6日、 グローバル造船海運分析会社のクラークソン・リサーチによると、韓国造船業界の受注残高が13年5カ月ぶりに最低水準を記録しており、日本との差が縮まっていると発表した。
 リサーチによると、11月の韓国造船業会社の受注残高は2046万CGT(標準貨物船換算トン数)を記録し、13年5カ月ぶりとなる最も低い記録となった。韓国と日本の差はことし9月末129万CGTから10月末93万CGT、11月末には40万CGTと、徐々に縮小する傾向にあり、 1999年12月から受注残高で日本を上回って以降これまで継続して優位を維持してきたが、この12月に受注数を伸ばせない場合、17年ぶりに日本に逆転される可能性がある。
  一方、世界の発注市場はまだ好転する兆しが見えず、11月1カ月間の全世界船舶発注量は49万9163CGTとなっており、これは10月100万CGTの半分にも達しない値となっている。また今年 1~11月の累積全世界船舶発注量は1048万CGTで、3720万CGTだった昨年同期の28%水準にとどまっている。同期間の国別では中国が375万CGT受注で市場占有率1位(35.7%)、韓国は163万CGT(15.5%)、日本は112万CGT(10.6%)を受注した。