シンポジウム「なぜ、神戸にコリアンタウンはなかったのか・・・~KOBE City型アジアンパーク創生にむけて」開催します!(6/1)

2019年04月18日

シンポジウム
なぜ、神戸にコリアンタウンはなかったのか・・・

           KOBE City型 アジアンパーク創生にむけて

 兵庫県には大阪府、東京都に次いで3番目に多く在日コリアンが居住しています。また県下に居住する外国人のうち、コリアン、中国、ベトナムなどアジア系外国人の比率は約8 0%を越え、日々地域社会で生活を営んでいます。 この様な状況をふまえて、今般、当会議所では「なぜ、神戸にコリアンタウンはなかったのか・・・~KOBE  City型アジアンパーク創生にむけて」と題したシンポジウムを開催し、地域社会の活性化と観光産業をはじめとした地域経済の発展の視点、またアジアンコミュニティーの活性化や多文化共生のまちづくりの視点など、その可能性や課題、また今後のビジョン等を発信できればと考えております。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

シンポジウムチラシ(PDF)

〇日時:2019年6月1日(土)14:00~17:00
〇会 場:三宮研修センター      神戸市役所東正面
〇主 催:(一社)在日韓国商工会議所兵庫(兵庫韓商) 
〇後援:駐神戸韓国総領事館、中華人民共和国駐大阪総領事館、兵庫県、
    神戸市、日韓親善兵庫県議連、日韓友好神戸市議連、(一社)在日
    韓商、神戸商議所、在日インド商業会議所、韓国民団兵庫県本
    部、兵庫県日韓親善協会、神戸華僑総会、兵庫青商、神戸新聞、
    サンテレビジョン、他
〇主内容:
【講演】多文化共生タウンの創造
           ~在日経験と海外コリアンの生き方から学びの可能性
       講師:立命館大学産業社会学部 原尻英樹教授

【講演】新たなコリアンタウンの形成とそのマネ ジメント
           ~新大久保のコリアンタウンの 経験を踏まえて
          講師:関西大学商学部 崔相鐵教授

【パネルディスカッション】
・南京町商店街振興組合理事長、南京町元祖豚饅頭屋「老祥記」代表 曹英生氏
・多言語センターFACIL代表、名古屋外国語大学世界共生学部 教授  吉富志津代氏
・神戸市会議員、日韓友好神戸市会議員連盟 会長 吉田謙治氏

・社労士事務所アジール代表、兵庫韓商戦略研究特別委員長 高龍弘氏
・甲南大学経営学部 教授西村順二氏、ほか 

【全体質疑】

〇参 加:無料 *定員120名

 ——————————————————————-

◆お問合せ・お申込み:兵庫韓商事務局

TEL:078-646-9611  FAX:078-646-9612 
E-mail:hyogo@kccj.org
http://www.hyogokccj.org/

——————————————————————–