神戸市、全国初「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と連携し飲食店等の出前支援を開始

2020年04月17日

新型コロナウイルスの感染拡大により飲食店など外食産業も苦境にあります。
神戸市はデリバリーサービスを展開する「Uber Eats(ウーバーイーツ)
」と事業提携を締結し、サービスの利用に助成金を出す取り組みを始めました。

神戸市の支援策では、市内の対象店舗が新しくUber Eatsに登録する時の初期手数料の支払い免除(当面の間)、飲食店のUber Eatsの「お持ち帰り」サービス利用にかかる手数料を約4割減免(3ヶ月)、また注文者(購入者)にとっても注文額に応じて100~500円安く購入できるメリットなどがあります。
実施期間は、この4月13日から7月12日までの3か月間を予定。ただし状況推移によっては期間延長も検討するとの事です。
 

 ■詳しいサイト「Uber Eats + KOBE」
 
https://www.city.kobe.lg.jp/a34508/704821757293.html

 ■Uber Eatsへの新規登録(飲食店)サイト
 
https://www.ubereats.com/restaurant/ja-JP/signup

 ■お問い合せ窓口「神戸市コールセンター」 
 
078-333-3330(企画調整局つなぐラボ)